サンケンブログ
2018/04/18

一般・専任・専属専任媒介契約の違いとは!不動産売却を考えている方必見!

 

「不動産を売却する際に、業者との契約には違いがあるってホント?」
「実際に、どの契約を結べば良いのかわからない。」

そのようにお悩みではありませんか?

 

不動産を売却する際には、業者に仲介を依頼するのが一般的です。
不動産売却の成功は、仲介する業者次第であるといっても過言ではありません。

しかし、仲介の際に結ぶ契約には、3つの種類があることをご存知でしょうか。

 

今回は、不動産売却を行う方へ、3つの種類の契約についてご説明します。

以下の内容を参考にして、ご自身の要望に適した納得できる契約を行いましょう。

 

●一般媒介契約
一般媒介契約は、複数の不動産業者と結ぶことが可能となる契約です。

契約する業者の名前は、すべて明らかにする必要があり、明示していない仲介業者との間で売買が成立した場合は、費用を支払う必要があります。
基本的に契約期間は3か月でありますが、延長も可能です。

 

一般媒介業者は、複数の業者で広告や販売を行ってもらい、広く知ってもらえるメリットがあります。
しかし不動産業者にとって、他の業者との仲介先で契約を結ぶ可能性が高いため、広告や宣伝にコストをかけづらくなり、希望通りの対応が望めない場合があります。

 

●専任媒介契約
専任媒介契約は、同時に他の不動産業者に仲介の依頼ができない代わりに、依頼した売主に特化した、宣伝や販売の活動に多くのコストをかけます。

売主が、自分で見つけた買い手との間に、売買が成立した場合は、業者を通さずに直接売却ができます。
しかし他社との間で売買が成立した場合は、違約金が必要になります。

また、専任媒介契約では、業者は2週間に1度、販売状況を報告する義務があるため、現状の確認を行うことが可能です。

 

●専属専任媒介契約
専属専任媒介契約は、専任媒介契約の内容と基本的には変わりません。
しかし、毎週販売状況を売主に報告するという義務や、売主が見つけた買い手であっても、売買の成立を行ってはいけないという決まりがあります。

売主との関係性が強いため、相談や希望が叶いやすくなり、安心して業者に依頼が可能です。

 

〇最後に
今回は、不動産売却の際に業者と結ぶ契約についてご説明しました。

一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約と、3つの種類があり、それぞれ内容が異なります。

あらかじめ契約の内容をしっかり確かめ、不動産売却を成功させましょう。

サンケンコーポレーションは、不動産売買の仲介業者です。

調布市など、首都圏で不動産に関するお悩みや疑問がございましたら、お気軽にご相談ください。

2018/04/25 
不動産の売却に適した時期やタイミングとは?
2018/04/18 
一般・専任・専属専任媒介契約の違いとは!不動産売却を考えている方必見!
2018/04/11 
不動産がなかなか売れない!売れない不動産の共通点とは?
2018/04/04 
不動産売却の業者選びの3つのポイントとは?
2018/03/28 
はまると危険!不動産投資初心者が陥りやすい罠とは?
2018/03/21 
不動産投資を成功させる!信頼できる不動産会社の選び方!
2018/03/14 
株式投資と徹底比較!不動産投資のメリットを3つご紹介
2018/03/07 
副業をしよう!実は手軽な大家業の始め方 4つのポイントを紹介します
2018/02/28 
不動産投資を成功させたい方必読!投資物件の選び方と運用方法の注意点
2018/02/21 
不動産投資・土地活用で収益を上げたい!不動産活用方法の基礎知識
2018/02/14 
不動産の賃貸経営を始める方へ:アパート経営の初期費用とは?
2018/02/10 
不動産の任意売却の相談先を決める際に知っておきたい3つのポイント
2018/01/30 
覚えておきたい!リースバックの3つのデメリットとは
2018/01/20 
首都圏に住むならココ!調布市が選ばれる二つの理由
2018/01/15 
ワンルーム投資を始める前に!知っておきたい2つのデメリット
2018/01/06 
意外な落とし穴が!?不動産一括査定サイトのデメリット
2017/12/30 
知らなかったじゃ手遅れ!?不動産投資ローンを組む前に知っておきたい2つのこと
2017/12/23 
不動産投資で高収入を目指す!収益物件のリノベーションがオススメな理由
2017/12/15 
不動産取得税は必要??不動産相続時にかかる3つの税金とは
2017/12/07 
相続不動産の名義変更は必須!?具体的な方法について